リュック・バックパック

【カバンの中身】製造業兼YouTuberダイナソーさんの持ち物紹介

こんにちは。じゅに(@Jyu210)です。

前回は主婦をやりながらパート勤めをしつつ、食器に関するブログを運営している「なっつんさん」のカバンの中身を紹介させて頂きました。

今回で16人目のカバンの中身紹介となります。

今回はいつものようにTwitterでカバンの中身を検索していて、出会った方のカバンの中身紹介です。

カバンの中身紹介を承諾頂き、本当にありがとうございます。

では、早速見ていきまっしょう!

カバンの中身を紹介する方

プロフィール

ダイナソーさんは製造業として働きながら、YouTuberとしてファッションやガジェットなど生活が良くなるものをミニマリスト視点で発信されています。

働きながらYoutuberとして発信して行くっていうのは本当にすごいです。

僕もシステムエンジニアとして働きながら、このブログを運営していますが、動画撮影、編集はその比ではなく大変です。
(実は僕もyoutubeに簡単な動画を数本あげたことがある)

しかもYoutubeでは顔出しもされています。

僕がYoutuberになったとしても顔出しは避けると思うので、その勇気にも感服です。

製造業兼YouTuberダイナソーさんのカバン

カバンの中身に行く前に、まずはカバンの紹介です。

ブラックエンバーのシャドウ22というバックパックを使用されています。

ミニマリストのダイナソーさんだけあって、カバンもミニマルなデザインのバックパックですね。

スペックは以下の通りです。

サイズW30.5 × H45.8 × D16.5cm
重量1380g
容量22L
素材ナイロン
外側ポケット前面ポケット
内側ポケット前面ポケット × 4
アコーディオンポケット × 6
内装ポケット × 2
その他IPX6相当の防水仕様

ブラックエンバーはTHE NORTHFACE出身のデザイナーが立ち上げた、サンフランシスコを拠点としてるブランドです。

特徴は高性能のテクニカル素材を用いた、タウンユースを目的としたシンプルで都会的なデザイン性になります。

シャドウ22は防水性の高い強高度ナイロンを採用し、防水仕様となっているので、テクニカル素材を用いるというブランドの特徴が前面に出てきてるバックパックです。

もちろんジッパーも止水ジッパーになっています。

タウンユースを目的に作られていますが、ミニマルなデザインのシャドウ22はビジネスシーンでも使用可能ですね。

その証拠にダイナソーさんは仕事に行く時にも、このシャドウ22を使用されています。

じゅに

ビジネスシーンでもバックパックが増えてきた中で、防水仕様のバックパックはありがたいですね。ビジネスシーンだとカバンにPCを入れること多いですから。

製造業兼Youtuberダイナソーさんのカバンの中身

今回紹介するのはダイナソーさんが

  • 会社へ通勤する時
  • カフェに作業しにいく時

のカバンの中身紹介になります。

ダイナソーさんはミニマリストなだけあって、ポーチなどもがなてもかなりすっきりしてるカバンの中身ですね。

カバンの中身には以下が収納されています。

  • Apple MacBook Air
  • Apple AirPodsPro
  • SanDisk 2TB ポータブルSSD
  • LAMY Safari
  • リヒトラブ キャリングホルダー
  • アークテリクス ゼータSL
  • ユニクロ ウルトラライトUVカットコンパクトアンブレラ
  • Clipa Clipa2
  • KINTO ウォーターボトル
  • タオル研究所 ハンドタオル

ではひとつひとつのアイテムを見ていきましょう。

Apple MacBook Air

PCはAppleのMacBook Airで、MI1チップが搭載されているモデルを使用されています。

このMacBook Airで仕事から動画編集まで全てをおこなっているので、ダイナソーさんの相棒ですね。

おしゃれな筐体、1.3kgを切る軽さ、厚さも最大で1.61cmという薄さ、それでいて動画編集も可能なほどのパワフルさと全てを兼ね備えています。

その中でもバッテリー持ちが良く、フル充電して出かければ、充電器を持ち歩かなくても1日バッテリーが持つ点がお気に入りポイントです。

じゅに

充電器を持ち歩かなくても良いのはミニマリストにはありがたいところ。欲を言えば重量は1kgを切ってほしかった。

Apple AirPodsPro

イヤホンはAppleのAirPodsProを使用されています。

ダイナソーさんはMacBook AirだけでなくスマホもApple製品であるiPhone12 miniです。

出先で音楽を聴く時はiPhone、動画編集をする時はMacBookと接続先を簡単に切り替えることができるのは、すごく便利です。

じゅに

僕はAirPodsですが、接続先の切り替えは本当に便利。ノイキャン機能は一度試してみたいです。

created by Rinker
Apple(アップル)

SanDisk 2TB ポータブルSSD

動画編集に使用するポータブルSSDはSanDiskの2TBモデルを使用されています。

HDDからSSDに変えるだけでPCの性能が激変するほどSSDの読み書きスピードは半端ないです。

ダイナソーさんが選んでいるのはSanDisk製で防滴防塵仕様でコンパクトな、SDSSDE61-2T00-GH25を選ばれています。

じゅに

ブロガーである僕にはSSDは不要かな。基本バックアップ用だから速度より、容量重視のHDDがあればね。

LAMY Safari

文房具好きにはたまらないであろう、LAMYのSafariというボールペンです。

ミニマリストはデジタルをうまく活用して荷物を減らすイメージがありますが、ダイナソーさんはあえてアナログのボールペンを使用されています。

写真だと分かりにくいかもしれませんが、誰もが正しくペンを握れるようにくぼみが設けられているのが見逃せないポイントですね。

じゅに

僕は三菱鉛筆のジェットストリームを使ってます。LAMYのSafari…おしゃれなので、気になります。

リヒトラブ キャリングホルダー

LAMYのSafariとセットで使用されているのが、リヒトラブのキャリングホルダーです。

このキャリングホルダーにはA4用紙を収納しており、思考を整理するために使用されています。

ボールペンと紙であえてデジタルから距離をおくことで、スマホの通知などから解放されて集中力を上げることができるとのことです。

じゅに

僕はiPad mini+Apple Pencilでデジタルの中でアナログ化を実現しようとしています。でも、会社での使用許可がおりないのが痛いところです。

アークテリクス ゼータSL

アウトドアブランドであるアークテリクスのゼータSLをカバンの中身に忍ばせています。

アークテリクスのゼータSLは素材がゴアテックスでできており、急に雨が降ってきてもこれをサッと羽織れば問題ありません。

また、気温の変化も激しい秋という季節には、肌寒かったらこれまたサッと羽織れるのでナイスです。

しかも310gと軽量かつ折り畳めばフードにしまいこむことができるのでかなりコンパクトできるので、カバンの中に忍ばせておくにはもってこいのアウターになっています。

じゅに

僕は金欠なのでワークマンのアウターで代用かなぁ。

ユニクロ ウルトラライトUVカットコンパクトアンブレラ

カバンも防水で雨に強いゴアテックス素材のアウターも持ち歩いていますが、ユニクロのウルトラライトUVカットコンパクトアンブレラもカバンの中身に収納されています。

UVカットなので晴雨兼用で使用できるのも、良いですね。

ウルトラライトUVカットコンパクトと軽そうなワードが2つも入っていますが、その名に恥ずことなく127gと超軽量な仕上がりとなっています。

じゅに

ユニクロの折りたたみ傘はずっと気になってました。127gの超軽量は朝魅力なので買い替え検討案件です。

Clipa Clipa2

バックハンガーの王道ClipaのClipa2です。

これをカバンの持ち手に装着して、机やテーブルなどどこにでもひっかけることができるようにされています。

床にカバンを直接置きたくない時に大活躍です。

じゅに

Clipaは僕も使用していますが、いつも床にカバン置きまくってるので、意味ないです…。

KINTO ウォーターボトル

KINTOのウォーターボトルで、水分補給されています。

このウォーターボトルは、傷がつきにくく割れにくい高品質な樹脂素材で作られているので日常使いにぴったりです。

樹脂素材なので保冷や保温機能はありませんが、超軽量な点がポイントになります。

じゅに

僕の水筒は保冷、保温機能ばっちりのTHERMOSです。KINTOのウォータボトルよりは重いですが、保冷、保温機能がついてる水筒の中では軽量なほうになります。

タオル研究所 ハンドタオル

タオル研究所のハンドタオルで、手を拭いたり、汗を拭ったりされています。

タオル研究所は初めて聞きましたが、Amazonで色んなシーン、使い心地から選べるタオルを多数出品しており、ベストセラーにもなっています。

ダイナソーさんが使用されているのは、ハンドタオルサイズです。

羽毛レスででしなやかな肌触りを実現しつつ、高い耐久性と速乾性を備えています。

じゅに

僕は手ぬぐい派ですが、ハンドタオルもコンパクトでしっかりと吸水してくれるので良いですね。タオル研究所に手ぬぐいははないものか…。

製造業兼YouTuberダイナソーさんのカバンの中身でこだわりのアイテム

製造業兼Youtuberであるダイナソーさんのカバンの中身を紹介しましたが、その中でダイナソーさんのこだわりのアイテムを紹介します。

ダイナソーさんはミニマリストなので、そもそもがこだわり抜いたアイテム揃いです。

その中から、さらにこだわりのアイテムを選んで頂きました。

ダイナソーさんのカバンの中身でこだわりのアイテムは3つです。

  • バックパック(ブラックエンバー シャドウ22)
  • アウター(アークテリクス ゼータSL)
  • ボールペン&A4ファイル(LAMY Safari&リヒトラブ キャリングホルダー)

こだわりのアイテムの詳細を見ていきましょう。

バックパック(ブラックエンバー シャドウ22)

こだわりのアイテム1点目はバックパックになります。

ダイナソーさんはバックパックはブラックエンバーのシャドウ22を使用されていましたね。

こだわり、お気に入りのポイントは以下の3点になります。

  • ミニマルな見た目
  • 防水仕様
  • 希少性

ミニマルな見た目、防水仕様には既にふれているのでここでは希少性について触れていきます。

ブラックエンバーは日本に入ってきてまだ時間が経っておらず、そのせいもあってか日本公式ストアでは売り切れの商品が多いです。

またWebで「ブラックエンバー」で検索しても、別モデルの「フォージ」は出てきますが、ダイナソーさんが使用されている「シャドウ22」はあまり情報が出てきません。

このような状況を見ると日本では本当に希少性が高いといえます。

じゅに

他の人とカバンが被りたくないという方にはこの希少性の高さはウリですよね。僕は「シャドウ22」も良いですが「フォージ」に心を射抜かれました。

アウター(アークテリクス ゼータSL)

こだわりのアイテム2点目はアウターです。

アウターはアークテリクスのゼータSLを常時着ているという訳ではなく、カバンに忍ばせていました。

こだわり、お気に入りのポイントは以下の3点になります。

  • スタイリッシュな見た目
  • ゴアテックス素材
  • 持ち運べるサイズ感

スタイリッシュに関わらず、ゴアテックス素材で急な天候の変化にも対応でき、暑い時はコンパクトに畳んでカバンの中に忍ばせることができます。

まさに一石三鳥のアイテムで、こういう1つのアイテムで複数の機能の良い点を味わえるのはミニマリストだけでなく、男心をくすぐりますよね。

じゅに

多機能!とか言われると無駄に買っちゃいます。あとスタイリッシュもね。

ボールペン&A4ファイル(LAMY Safari&リヒトラブ キャリングホルダー)

こだわりのアイテム3点目はボールペンとA4ファイルになります。

ボールペンはLAMYのSafari、A4ファイルはリヒトラブのキャリングホルダーを使用されていました。

ダイナソーさんは最近すぐにスマホやPCを触ってしまうので、デジタルに侵されている気がしているとのことです。

そこから抜け出すために、ボールペンと紙を使用して思考を整理することで、頭の中がすっきりして集中力が上がり、メンタルも安定します

じゅに

アナログでもデジタルでも思考整理するのが苦手です。こんなこと書いてなんになるのって思って手が止まってしまいます。

製造業兼Youtuberダイナソーさんのカバンの中身まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は製造業の会社員として働きながら、YouTuberとしても活動されているダイナソーさんの仕事に行く時、カフェで作業する時のカバンの中身を紹介させて頂きました。

カバンの中身を振り返ると

  • Apple MacBook Air
  • Apple AirPodsPro
  • SanDisk 2TB ポータブルSSD
  • LAMY Safari
  • リヒトラブ キャリングホルダー
  • アークテリクス ゼータSL
  • ユニクロ ウルトラライトUVカットコンパクトアンブレラ
  • Clipa Clipa2
  • KINTO ウォーターボトル
  • タオル研究所 ハンドタオル

が収納されていました。

ダイナソーさんはミニマリストとのことですが、特別モノが少ないというわけではありません。

しかし、モノを持たないことがミニマリストではなく、必要最低限なものを持ち、無駄をはぶくのがミニマリストです。

例えばダイナソーさんの場合は、MacBook Airの充電をフル充電で家を出ることによって、MacBook Airの充電器を持ち歩いていません。

じゅに

スマホも大容量バッテリー化してるとはいえ、モバイルバッテリーは手放せないと思ってましたが、ダイナソーさんはカバンの中身に入れてないですね。

そして、やはり注目なのはひとつひとつもモノにこだわりを持ってるというところになります。

カバンにしかり、アウターにしかりで、適当に選んだものはないですね。

ダイナソーさんは先にも書いた通り製造業として働きながら、YouTuberとしてファッションやガジェットなど生活が良くなるものをミニマリスト視点で発信されています。

ダイナソー【minimalist × discover】

ミニマリストのカバンの中身やデスクツアー、ファッションについて気になる方は必見の内容となっていますので、是非ご覧ください

僕のお気に入りはやっぱりカバンの中身紹介の動画です。

僕の記事とダイナソーさんの動画を見比べてみると、視点が異なり面白いですよ。

カバンの中身募集中

カバンの中身ラボでは色々な方のカバンの中身を募集しています。

カバンの中身ラボで自慢のカバンの中身を紹介してほしいという方は、お問い合わせページからご連絡ください。